仮想通貨の売買は、やや長期的な時間スパンになる事があります。それだけに仮想通貨の取引は、損失額が大きくなる事もありますから、十分注意を要します。その点アービトラージはおすすめという声も根強いです。短期的に取引していく都合上、損失も拡大しづらくなる傾向があります。

動きが大きいのでハイリスクになる

仮想通貨の特徴の1つは、動きの大きさです。他と比べると、値動きが比較的大きいという声も根強いです。
現にその通貨は、ここ数年で大きく伸びてきています。数年前と比べれば、コインの価格は大幅に高まっていますし、動きの波は比較的大きいです。
外貨のFXなどの商品と比べると、値動きの幅が大きいと言われる事も多々あります。実際外貨は、あまり大きく動かない事もあります。特に昼休みの時間帯あたりは、あまり外貨の取引が行われませんから、値動きも緩やかになる傾向があるのです。
しかし仮想通貨の場合は、かなり大きく動く傾向があります。どれぐらいの動きになるかは状況次第ですが、たまに突発的な大変動がありますから、思わぬ含み損が生じてしまう事もあります。
特に仮想通貨で長期的に売買しますと、含み損も拡大してしまう傾向があります。ですから仮想通貨は、リスク対策は必要不可欠であると言われる事も多いです。

スピーディーに決済するアービトラージ

ところで冒頭でも触れたアービトラージという取引の場合は、そこまで長期的な手法ではありません。基本的には、非常に速やかに売買していく事になります。
アービトラージの場合は、数分程度で決済する事もよくあります。さながらスキャルピングと同じぐらいのスピードで取引しますし、ポジションを長期保有する訳ではありません。
つまりアービトラージの場合は、ポジションが塩漬けになってしまう事はないのです。それだけに損失幅も限定される傾向があります。その分だけリスクを低く抑えられるのは、アービトラージの魅力の1つです。

仮想通貨で売買するのがおすすめ。

ちなみにアービトラージで取引するなら、やはり仮想通貨がおすすめです。外貨のFXという選択肢もありますが、業者間の価格差はそれほど大きくありませんから、あまり稼げないケースもあります。
ですが仮想通貨の場合は、業者の価格差は非常に大きいです。それだけに複数の取引所で口座開設しておき、アービトラージで取引している方も少なくありません。外貨のFXと違って、土曜日や日曜日でも取引できますし、仮想通貨はとても便利です。