仮想通貨のアービトラージとは、ビットコインやリップル、アルトコインなど、仮想通貨の価格差を利用した裁定取引のことを指します。

仮想通貨は、デジタル通貨のひとつです。P2P技術によってネットワーク上で比較的自由に売買、決済できる実物のない通貨です。

仮想通貨は自由で不思議な通貨です。中央銀行による引き締め、緩和といった調整はありません。一般的な通貨、お金は中央銀行が発行しています。経済政策によって発行される量が調整されています。仮想通貨は国家によってコントロールされない通貨です。仮想通貨の大きな特徴であり最大のメリットです。

仮想通貨と電子マネーの違いをご存知ですか。似ていますが細かくは違います。仮想通貨と電子マネーの違う所は、チャージの有無です。電子マネーは基本、現金をチャージしたあと使用します。決済方法も限定されています。一方、仮想通貨は現金のチャージなしに使用でき、決済方法も豊富です。

電子マネーは払い戻しは難しいですが、仮想通貨は現金に戻せます。仮想通貨には相場があります。電子マネーにはありません。わかりやすい相違点として覚えておくと良いでしょう。

アービトラージとは取引所間の価格差、利ザヤをぬいて収益化する有名なトレード方法のひとつです。

仮想通貨の取引所とは、仮想通貨の交換業務を行う業者です。現物のような取引や為替のような取引を請け負って、売買のお手伝いをしています。

ある値段で仮想通貨を購入したい人に対して、その値段で売りたい人を紹介し、売買を成立させてくれる場所です。

仮想通貨の取引所は、登録済みでは20社近くあります。登録申請中、または海外の取引所を含めると数は更に増えます。

仮想通貨のアービトラージとは、この別同士の取引所を使ったトレード手法です。違う取引所で売買を行うところが大きなポイントです。

ある取引所で仮想通貨が高く評価されすぎていたら売ります。同じ通貨が別の取引所で割安なら買います。同じ仮想通貨でも取引所によって価値が違うと、利益が発生します。100円で売って、50円で買います。利ザヤは50円、これがアービトラージ取引の利益です。基本的な考え方として覚えておくと良いでしょう。

アービトラージはトレードの中でも非常に安定した取引方法です。手数料分計算し、残りの価格差はすべてトレーダー側の利益になるからです。

価格差の生まれたタイミングに上手く乗ることができれば、僅かなリスクで安定的にリターンを得られます。利益の少なさはポジションの大きさでカバーです。

どのような人達がアービトラージを行っているかご存知ですか。ヘッジファンドや資産家、投資銀行などのプロです。相場ではプロほど小さく安定的な利益を求める傾向にあります。中には落ちているお金を拾う行為と呼ぶプロもおられるほどです。

取引所別に仮想通貨の価値が違う点は、不思議な現象と思われるかもしれません。これは貿易を考えるとわかりやすいでしょう。ゴールドの豊富に取れる国から購入し、ゴールドの埋蔵量が少ない国に売ればどうでしょう。需要と供給も関係しています。

仮想通貨に興味があり、売買に自信のある人はアービトラージで稼ぐといった選択肢も良いかもしれません。